各部署紹介

放射科

概要

当院放射線科は、一般撮影、CT撮影、デジタルTV撮影、ポータブル撮影、PACS情報集積管理システムを用いて、患者様と、医療の架け橋となるよう、臨床診断の情報共有をめざしています。

近年、医療機器のデジタル化に伴い、画像診断の進歩はめざましく発展しております。放射線科においても、最新機器を導入し画像診断の質の向上、医療サービスの提供に日々努めております。

  一般 CR撮影装置
  64列マルチディテクターCT撮影装置
  X線TV DR撮影装置
  ポータブル撮影装置
  デジタル外科用イメージ装置
  PACS情報集積管理システム

業務内容

64列マルチディテクターCT撮影装置を駆使して、整形領域はもちろんの事、頭部、消化器系(肝臓 胆嚢 膵臓)、肺野、泌尿器、血管系造影撮影を施行、3D画像構築など、多くの高精細画像収集により、より質の高い画像情報を、患者様に提供できるよう努めています。さらに、患者様の検査時間の短縮、被爆軽減にも取り組んでいます。

X線TV DR撮影において、消化管(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・直腸)の造影検査、ERCP(逆行性胆管膵管)の造影検査、VF撮影嚥下動態機能の診断に取り組んでいます。

各撮影機器にて収集した、患者様の大切な画像情報は、PACSにて厳重に集中管理し、各部署にて画像情報を閲覧する事が可能になり、医療スタッフが、画像情報を共有する事が出来る事になり、患者様に適切な医療サービスを提供に出来ますよう努めています。

患者様にも、当院で撮影した画像検査情報をお持ち帰り頂けます。
放射線科では、患者様の大切な医療画像情報を厳重管理、情報共有し、画像診断向上に努め、チーム医療貢献に取り組んでいます。

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com