診療科目

消化器外科

概要

当院では2名の外科専門医が常勤しており、消化器疾患、肝胆道疾患ならびに一般外科疾患の診断と治療を行っています。疾患や病態によっては、大学病院より専門医師を招請し治療も行っています。
主な診療対象疾患は胃癌、大腸癌などの悪性疾患から胆石、胆嚢ポリープ、胆嚢炎、総胆管結石、虫垂炎、腸閉塞、鼠径ヘルニア、肛門疾患などの良性疾患としております。専門性の高い検査や治療が必要な疾患の場合は高度医療施設やそれに適した病院へのご紹介もさせていただきます。

特色

従来の開腹手術はもちろんのこと、腹腔鏡手術手技を用いた低侵襲治療を積極的に導入しています。胆石や虫垂炎に対しては腹腔鏡手術を標準術式としており、胃癌・大腸癌に対しても病状に応じて腹腔鏡手術を行っております。また鼠経ヘルニアにおいても従来の手術方法だけでなく、腹腔鏡手術も行っています。
疾患に対して画一的な治療を行うのではなく、各部門専門スタッフや他診療科医師と検討し、あらゆる治療法の可能性を探り、ご提示させていただくとともに、ひとりひとりに最も適した医療を、ご本人やご家族と相談しながら提供させていただきます。

患者様へ

小さな傷で痛みが少なく、短い入院期間ですむ腹腔鏡手術を積極的に行っています。また術後早期回復をはかれるようにリハビリや栄養サポートチームによる栄養管理と指導を行っています。
鼠経ヘルニアや痔核手術については短期入院(2~4日)での治療も可能です。手術は入院が原則ですが、局所麻酔下手術の場合は日帰り手術も行っています。特に高齢の方など、退院後の自宅での生活の不安や、家族の負担や不安を軽減できるよう、また日常生活への復帰に自信をもって退院していただけるよう診療させていただきます。

先生方へ

次のような疾患が疑われる場合や処置が必要な場合は、当院にご紹介していただければ迅速に対応させていただきます。また緊急の手術が必要な患者様にも対応させていただきます。

《 当科の主な診療疾患、処置 》

  胃癌、大腸癌、肝臓癌
  胆石症(胆嚢結石症、総胆管結石症)、胆嚢炎、胆嚢ポリープ、肝嚢胞
  腸閉塞、腸重積、大腸憩室症、小腸腫瘍、小腸憩室症、腸回転異常症
  急性虫垂炎、虫垂腫瘍
  消化管穿孔、腹腔内膿瘍、消化管出血
  痔核、痔瘻、肛門周囲膿瘍、脱肛、直腸脱
  後腹膜腫瘍
  鼠径ヘルニア、大腿ヘルニア、閉鎖孔ヘルニア、臍ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア
  皮下腫瘍摘除術、皮下膿瘍切開排膿術、リンパ節生検
  経皮経肝胆道ドレナージ、経皮肝膿瘍ドレナージ
  腹腔穿刺、胸腔穿刺

NCDの手術・治療情報データベース事業への参加について
当院外科では、一般社団法人National Clinical Database(NCD)の趣旨に賛同しデータベース事業に参加しています。
NCDは、どのような場所でどのような医療が行われているかを把握するために、全国の手術・治療方針を登録し、集計・分析することで医療の質を向上に役立て、患者様に最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。
登録内容は、当院で行われた手術と治療に関する情報など、リスクを検証するための情報(年齢や身長、体重など)で、患者様の個人情報を登録しないために個人を特定できないようになっております。また、登録に関しては患者様の自由な意思に基づきますので拒否することは可能です。拒否されても日常の診療などに何ら不利益を被ることはありません。その際は担当医にお知らせください。

詳しくはこちらをご覧ください
http://www.ncd.or.jp/about/pdf/article_1_2.pdf
NCDホームページ http://www.ncd.or.jp/

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com