内視鏡について

野村海浜病院 内視鏡検査

内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)について

内視鏡検査とは、小型カメラを内蔵した1㎝程度の細長い管を、口あるいは肛門から 挿入し、観察・治療をおこなうものです。

当院の内視鏡検査

安全・安楽な、内視鏡診断と治療

内視鏡検査は、「苦しい」「痛い」といったイメージを多くの方がもたれています。当院では鎮静剤を使用することで、検査・治療に伴う苦痛の軽減に努めております。
また、細くて、「おえっ」となりにくい、経鼻内視鏡による検査を受けていただくこともできます。毎年健診カメラを受けていただいている多くの方が、経鼻内視鏡を希望されております。
安全面では、内視鏡技師資格を有する看護師が、患者さんの血圧・呼吸・意識状態の観察を行いながら、検査中常に寄り添っております。

消化管腫瘍に対する内視鏡診断・治療

EMR

;良性ポリープなどに対する内視鏡的治療

大腸カメラ中、ポリープがみつかった場合は、
その場で内視鏡的粘膜切除術(EndoscopicMucosal Resection;EMR)、によりその場でポリープを切除できます。
その際は出血等の合併症に備えるため、1泊入院をお願いしております。

ERCP

;胆管・膵菅の直接造影と総胆管結石などの治療

十二指腸内視鏡を胆汁と膵液の出口である十二指腸乳頭部まで挿入し、直接的に胆管や膵菅を造影する内視鏡的逆行性胆膵菅造遺影検査;(Endoscopic Retrograde Cholangic-pacreatography;ERCP)があります。当院ではERCPの手技を応用し、総胆管結石の摘出や胆管閉塞性黄疸に対する胆管ドレナージ術、胆管癌や膵癌などで、胆管が狭窄・閉塞することで生じる閉塞性黄疸を介助するためのステント術などをおこなっております。

VE

;嚥下機能評価のための内視鏡検査

高齢化や病気により、食物をよく噛むことができなくなったり(咀嚼機能低下)、飲み込みにくくなったり(嚥下機能低下)します。結果、体重減少や筋力低下はもちろん、誤嚥性肺炎等重篤な状態に陥る危険性があります。
嚥下機能の低下が疑われる場合、嚥下機能評価;(Videoendscopy;VE)を行います。
VEは、内視鏡を用いて嚥下機能を評価できるため、個々に応じた食事内容や体位等が検討でき、誤嚥性肺炎などの予防につなげることができます。

内視鏡検査の流れ

ページトップへ

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com